lecturer 講師紹介

体験入学受付中

HOME講師紹介

Lecturer 講師紹介

スマイルリボン代表 竹谷 富士子

略歴・活動

淡路島生まれの淡路島在住

*略歴*
京都の短大を卒業後、京都の保育園にて5年
淡路島にUターン後、淡路市保育園にて15年

2008年4月 計20年勤めた保育士から転職
2008年11月 神戸にて、子宮にフォーカスしたヒーリングサロンをオープン
2012年6月 オリジナルメソッド「子宮リズムエステ®」誕生
2015年3月 東京青山に出張エステをスタート
2017年4月 生まれ育った淡路島に、子宮リズムエステ「スマイルリボン」をオープン
2018年9月 婚活&妊活 女神スクールをスタート

*活動*
・サロン「スマイルリボン」代表
・子宮リズムエステ® 創始者
・婚活&妊活 女神スクール
・日本マタニティセラピスト協会 特別講師

・講演会、セミナー 「淡路市教育委員会」「日本マタニティセラピスト協会」「ひょうご子育てコミュニティ」にて
・メディア出演「kiss-fm」「さくらfm」「fmハイホー」「ゆめのたね」「ほんまるラジオ」など

・子宮リズムエステ 平成30年度、31年度 淡路市ふるさと納税地元特産品に選定

※ 子宮リズムエステ®は竹谷富士子が持つ商標登録です。

スマイルリボン誕生ストーリー


短大の保育所実習を経験し、保育士の道へ。以降、20年間保育士として子どもたちと過ごした時間は宝物です。
短大を卒業後、京都の保育園で5年、淡路島の保育所で15年、保育士をしていました(その間、海外研修をアメリカにて2ヶ月)。

毎日、成長していく子どもたちの姿。
今、この瞬間を楽しむ姿。
できるまで何度もチャレンジする強さ。
人を思う優しさ。無邪気さ。
未来へと進んでいく希望のかたまり。

子どもたちには、人として生きていくことの大切さを、た〜くさん教えてもらいました。

保育所で、子どもたちを20年見ているうちに、お迎えにきたお母さんに、子どもが「抱っこ」と、言っても「あとで」と疲れたお母さんの抱っこできない姿があったり。
きれいな服を着せてあげたり、習いごとをさせてあげたり、それも愛だけど、子どもがほしい愛は「スキンシップなんだけどなあ」と感じることがありました。
親があげようとする愛と子どもがほしい愛がずれているのでは?と……。

テレビからは、児童虐待や育児放棄などの事件が。親が子どもを……どうして?
物質的には豊かになった時代ではあるけれど、心の豊かさはどうなんだろう?

一番身近な母子の関係が、その後の人生での人間関係や信頼につながるのではないだろうか?

そんな時、子宮のヒーリングに出会いました。
保育環境の前に、家庭環境、その前に、命が生まれてくる子宮環境!?

「赤ちゃんを育てる“子宮”を大切にすることで、お母さんから子どもへの愛がもっとシンプルで深いものになる」という想いから生まれました。


2008年から、結婚されたり赤ちゃんを授かったりするお客様を見てきて、子宮を通じて自分を大切にすることは自分を愛することや母子愛はもちろん、家族や地球、すべての愛につながっていくと確信しています。

それとともに、生活スタイルの変化・多様化、親子、パートナーなど人間関係、情報の多さや時代のスピード化、運動不足、冷え、人との比較など、身体的なストレスだけで精神的ストレスを抱えている大変さにも驚きました。そして、生理痛や子宮筋腫など婦人科系疾患は「女の子に生まれてきた自分を大切にして」という心のサインだとも感じるようにもなりました。

【自分を大切にする】

私自身、保育士としてできあがった恵まれた環境から初めて自営に飛びこんだことで、七転び八起きでは済まないほどのトライ&エラー。人の意見を鵜呑みにしすぎたり、上手くいっても自分に厳しいのもあったり、上手くいかないと自分はダメだ。もっと頑張らなきゃ。
「人を幸せへとサポートする私が、こんなことで、どうするんだ?!」
「何のために、この仕事をやり続けているの?!」
「私自身が結婚もしていない、赤ちゃんも授かっていないのに、この仕事をやっていいんだろうか」などと、いつの間にか自分を責めて心苦しくなったことも。

だから、身体のことだけでなく、心のことや量子力学、波動、スピリチュアルなことまで幅広く学びました。

そこで見つけた答えは、できない自分も。怒りで爆発した自分も。恥ずかしい自分も。あまえられない自分も。迷ってばかりの自分も。
「いいんだよ」「よくがんばってるね」「いつも味方だよ」と、自分のすべて受け入れてあげること。自分を責めてきたことと真逆でした。苦笑

【私は、ここにいるだけで素晴らしい存在なんだ】
【唯一無二の素晴らしい存在なんだ】
【私は私のすべてを愛している】

長い長い時間をかけてその答えを探し続けていたのだと。

婚活や妊活、家族や仕事のためにがんばりすぎている女性を見てきたり、私自身もがんばりすぎてきた経験があったからこそ、今がんばっているお客様や生徒さんに「いつもよくやってるよね」と自分の味方になってあげることをお伝えできたり、心に寄り添えることができるのだなあと感じています。

そして、自分のすべてを丸ごと愛することができた今現在、望む未来をどんどん創造していく楽しさを感じています。

結婚も妊娠も仕事も、誰かのためやしんどい、辛いを乗り越える根性、努力、行動量で願いを叶えるのではなく、自分の好き、楽しい、氣持ちいいの幸せを土台にしながら願いを叶えることが本質だと強く実感しています。

これまでの私の人生のすべての学びや経験を通じて、心の底から愛で満たされた楽しい!氣持ちいい!幸せ!を感じながら、女性に生まれてきた喜び、幸せ、結婚や妊娠など、自分で人生を創造していく生き方をお伝えしています。